Recent posts:

PCやWebに関する便利な情報や使いこなし情報を紹介

VPSにインストールしたBitnami RedmineにNginx経由でアクセス(CentOS)

2016/09/25 12:00

VPSにBitnami RedmineのインストーラでインストールしたRedmineにNginxのリーバスプロキシを使用して外部から閲覧するようにした際のメモ。(OSはCentOSを使用)

概要

Redmineをゼロから構築するのは面倒ですが、Bitnami Redmineを使用すると簡単にRedmine環境をインストールすることができます。

そして、普段はNginxで公開しているサーバにインストールした際、Nginx経由でBitnami Redmineを閲覧できるようにしたときのメモです。

今回の構成

今回は次のようにポート番号・URIを設定しています。

  • Nginx (HTTP:80/HTTPS:443で動作させる前提)
  • Bitnami Redmine (HTTP:8008で動作させる前提)
  • Redmine閲覧時のURI:http(s)://example.org/redmine/

※HTTPSへの対応は本記事の内容から外れてしまうため省略しています

Bitnami Redmineのインストール

Bitnami Redmineのインストーラは「Install Redmine, Download Redmine」からダウンロードできます。

インストール方法を紹介しているサイトもあり、実際簡単にインストールできるためインストール方法は省略します。(基本的にインストーラの指示に従うだけですぐにインストール可能)

既に、あるいは今後Nginxで80/443番ポート(及びMySQLで3306番ポート)を使用する場合は、インストール時のポート番号を変更しておく必要があります。

ここでは一例としてポート番号を80⇒8008、443⇒8443、3306⇒8306と変更してインストールしています。

また、Nginxが起動しているときはBitnami Redmineも動作している前提です。必要に応じて自動起動も設定してください。

Nginxのリバースプロキシで閲覧できるようにする

インストールが完了したら、まずはローカルでRedmineのページが見られるか確認し、問題なければNginxの設定に移ります。

設定ファイルを開き、今回は次のように設定しました。

ここではlocation /redmine部分を新しく追加したものと仮定しています。

設定の詳細については省略しますが、proxy_set_headerで渡す情報をセットし、proxy_passで渡す先を指定しています。

今回は外部に公開されているNginx(80番ポート)で受けて、ローカルで動作する(外部に公開していない)8008番ポートのBitnami Redmineに渡しています。

なお、これらの設定は一例として挙げたものであり、実際に使用する場合は各種構成・セキュリティ等を考慮して設定を行ってください。

管理人が実際に使用する際にはLet’s Encryptを使用してHTTPS化しました。

その場合に変わるのはlistenが443番ポートになり、HTTPSのための設定(ssl on,ssl_***類の設定)が増えるといった点です。

設定が完了したらNginxをリスタートして作業は完了です。

Pocket

コメント

Twitter

【更新しました】
Windows 10でタスクバーに表示されるPeopleボタンを非表示にする - PC雑記帳
https://zakkiweb.net/a/65/

2017/11/27 21:46

【更新しました】
サイトを常時SSL化しました - PC雑記帳
https://zakkiweb.net/a/64/

2017/10/28 20:31

【更新しました】
SpiderOakONEでPC間のファイル同期がエラーになった場合の対処方法 - PC雑記帳
http://zakkiweb.net/a/63/

2017/09/16 19:01