お知らせ:現在表示中のページはリニューアル以前に掲載した記事です。  最新の記事一覧はこちら≫

VirtualBoxにUbuntu 12.04 LTSをインストールする(インストール編)

Windows上のVirtualBoxにUbuntu Desktop 12.04 LTSをインストールする方法のインストール編です。

概要

前回の記事に続き、Windows環境にインストールしたVirtualBoxを使用してUbuntu Desktop 12.04 LTSをインストールする方法のうち、今回は実際にインストールする方法を紹介します。

※記事が長くなるので「準備編」と「インストール編」の2回に分割されています。

準備編

記事が長くなってしまうため、ここまでの手順は別記事となります。

VirtualBoxにUbuntu 12.04 LTSをインストールする(準備編)」でインストール前の準備を紹介しています(読んでいない場合はこのページの手順を進める前に参考として読んでおくことをお勧めします)。

Ubuntu 12.04 LTSをインストールする

前回の記事で作成した仮想マシンが選択された状態で「起動(T)」を選択します。

設定

しばらく待つとLive CDから起動し、セットアップのための画面が表示されます。

「ようこそ」の画面が表示されたら「Ubuntu をインストール」を選択します。

ようこそ

「インストールの種類」では「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選択して「続ける」を選択します。

インストールの種類

「ディスクを削除してUbuntuをインストール」では「SCSI1 (0,0,0) (sda) - 21.5 GB ATA VBOX HARDDISK」を選択して(通常は既に選択されています:場合によっては表示が若干異なるかもしれません)「インストール(I)」を選択します。

ディスクを削除してUbuntuをインストール

「どこに住んでいますか?」では現在の地域(日本なら「Tokyo」)を選択して「続ける」を選択します。

どこに住んでいますか?

「キーボードレイアウト」では現在使用しているキーボードレイアウトを選択して「続ける」を選択します。基本的に自動選択されますが、Windows環境で標準的なキーボードレイアウトは「日本語」となります。

キーボードレイアウト

「あなたの情報を入力してください」では「あなたの名前」,「コンピューターの名前」,「ユーザー名の入力」,「パスワードの入力」,「パスワードの確認」の各項目を入力します。パスワードが短い場合、スクリーンショットのように「短いパスワード」と表示されますが、そのパスワードを使用できないわけではありません(セキュリティ面に関しての注意だと思われます)。

そして「自動的にログインする」を選択すると、起動時のログイン画面でパスワードを要求されず、「ログイン時にパスワードを要求する」を選択すると自動的にはログインされず、ログイン時にはパスワードを要求されます。また、「ホームフォルダを暗号化する」を選択することもできます。

設定が完了したら「続ける」を選択します。

あなたの情報を入力してください

ここまで完了したら、あとはインストールが完了するのを待ちます。

インストールが完了すると、「インストールが完了しました」が表示されるので「今すぐ再起動する」を選択して再起動します。

インストールが完了しました

管理人の環境では、まれに仮想マシンの再起動時に、実機であればあとは再び起動画面が表示されるだけのような画面で再起動が停止し、うまくいかないことがあります。この場合、仮想マシンをリセットしたり、一旦閉じてから再び起動するなどを試すとうまくいく場合もあります。

Guest Additionsのインストール

VirtualBoxでは、ゲストOSに「Guest Additions」をインストールすることで、仮想マシンをより快適に利用できるようになります。そのため、ここでは「Guest Additions」のインストール手順を紹介します。

まず、再起動(あるいは起動)した仮想マシンのウインドウ上にあるメニューバーの「デバイス(D)」から「Guest Additions のインストール(I)... Host+D」を選択します。

Guest Additionsのインストール

するとゲストOS上(Ubuntu)に「このメディアには自動的に起動することを意図したソフトウェアが含まれています。実行してみますか?」が表示されるので「実行する(R)」を選択します。

このメディアには自動的に起動することを意図したソフトウェアが含まれています。実行してみますか?

「認証」画面が出てくるので、インストール時に設定したパスワードを入力します。

認証

スクリーンショットのように、Terminalに「Press Return to close this window...」と表示されたら「Enter」キーを押して画面を閉じます。

Press Return to close this windows...

これで「Guest Additions」のインストールは終了です(再起動が必要かもしれません)。

以上で作業は終了です。